永島内科便り

永島内科便り:5月

2020-05-28

永島内科便り5月

気持ちのいい5月ばれが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
永島内科医院では6月1日より午後の診察時間が15:00~17:00へ変更となります。皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。
今年のゴールデンウイークは、緊急事態宣言が発令されたこともあり、各々自宅で過ごす時間が多くなりました。普段通りの生活を送ることが出来ず、なんとなく憂鬱な気分になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当院では、出来る限りの感染予防対策のもと、通常通り受診していただける環境を整えています。つらい時期が続きますが、スタッフ一同、地域医療に貢献できるよう努めてまいります。
夏が近づくにつれ、だんだんと暑さも厳しくなりますが、体調を崩されませんようご自愛ください。
[文:事務スタッフ 小川麗奈]

お知らせ:午後の診療時間の変更について

2020-05-28

6月1日より午後の診療時間が15時〜17時へ変更になりました。そのため受付は16時30が最終となります。17時以降でないと受診できない患者様は医師にご相談ください。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

お知らせ:肺炎球菌ワクチン予防接種について

2020-05-28

令和2年度の「高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種」がはじまっています。助成対象期間は令和3年3月31日までとなります。対象となる方は、問診票を忘れずに持参してください。

お知らせ:前橋市の特定健診について

2020-04-27

前橋市の健康診断は、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策により6月末まで中止となりました。
開始時期がが決まり次第お知らせいたします。

お知らせ:止血帯の返却について

2020-01-31

採血や点滴後に止血帯を巻いたままお帰りになった患者様は、お手数ですが次回受診時に返却をお願いいたします。

お知らせ:予約の変更について

2018-06-29

診察時間内に予約変更のお電話を頂いた場合は、大変お待たせしてしまいます。
月曜日・火曜日・水曜日・金曜日の午後2時から午後4時の間にお電話を頂けると、スムーズに対応することができます。
ご協力お願い致します。

永島内科便り:4月

2020-04-27

永島内科便り4月

コロナウイルスの感染が拡大してしまい全国に緊急事態宣言が発令されたこともあり、みなさんの不安も大きくなっていることと思います。
永島内科医院では、外来にいらした皆さんの不安を少しでも軽減できるように消毒・除菌・換気の徹底、待合室が混雑しないように予約人数の管理を行っています。来院することを悩んでいらっしゃることがあればお電話していただけたらと思います。
自宅にいる時間が長くなり心身ともに疲れてしまわないように、自宅でできる運動や筋肉トレーニング、また何か興味があることの資格取得など今回を機に見つけてみるのも良いかもしれません。
辛い日々を一緒に乗り越えていきましょう。
[文:看護師 辻 幸恵]

永島内科便り:3月

2020-03-30

永島内科便り3月

今年に入ってから、嬉しいニュースが届かず、家に引きこもり気味と思われます。3月下旬になり、例年より早めの桜、花々が咲き始めています。体調の良い方は、人混みを避け家の周りを散歩しながら、春を探して気分転換をしては、如何でしょう。
改めて、自宅の窓から春を探すのも新しく発見があり良いかもしれませんね。
勿論、外出後の手洗い、うがいは、心がけて下さい。
食事、睡眠もしっかり取り体調を整えて下さい。
[文:看護師]

永島内科便り:2月

2020-02-28

永島内科便り2月

今年度の前橋市特定健診が終了となりました。
前橋市特定健診は毎年5月から翌年の2月末日まで受けることができます。
健診を受けることで、病気の早期発見につながるため、今年度受けた方はもちろん、受けられなかった方は来年度受けるようお願いします。
まだまだ、風邪がはやる時期です。うがい、手洗いをし、食事や睡眠をしっかりとり、体調を整えてお過ごしください。
[文:看護師]

永島内科便り:1月

2020-01-31

永島内科便り1月

今年の冬はインフルエンザの患者さんも少なく、穏やかな年明けとなりました。先日の初雪も積もること無く雨に流されてしまいました。まだまだこれから寒くなることも考えられます。引き続き風邪をひかないよう、気をつけていきましょう。
新年を迎え永島医院では新しいスタッフも加わり新たな気持ちで頑張っていきたいと思っております。本年もよろしくお願い致します。
[文:薬剤師 原 陽子]

永島内科便り:12月

2019-12-25

永島内科便り12月

先日「インフルエンザ」の講演会に出席し、薬剤耐性の話を聞いてきました。インフルエンザにかかり、薬を摂取した後、3~4日間でその薬の耐性ウイルスが体内で増えていくことがあるそうです。
その耐性ウイルスを持った患者さんからインフルエンザが移った人は、同じ薬を服用しても耐性ができているので効果がありません。しかし、今のインフルエンザ判定検査では、その患者さんが薬に耐性を持つインフルエンザにかかっているか、ということまで判定することはできないのです。
また、インフルエンザにかかって完治したと思っていてもタミフル服用後は7割、リレンザ吸入後は4割の人がまだ保菌者であるというデーターもあるそうです。周囲の人にうつしてしまわないよう、マスクの着用や手洗いを十分行いましょう。
人混みから帰ったらまずは手洗いうがい、室内は加湿をするなどして予防してください。
健康でよいお年をお迎えください。
[文:薬剤師 原 陽子]

永島内科便り:10月

2019-10-31

永島内科便り10月

10月は認知症の研修会に2回出席し、認知症の診断や治療についてかかりつけ医の立場で勉強する機会がありました。
認知症という言葉は平成16年に使われるようになりました。最近ではだいぶ一般的に知られるようになりましたが、新しい病気というわけではありません。痴呆症、ぼけなどと言われていた頃は病気という認識がなく、検査や治療をすることを本人も家族も考えることもない、年齢で自然に起きる仕方のない状態と思われていました。
今は認知症は病気であるという認識も浸透し、そのためかえって不安に感じてしまう方も増えているように思います。認知症は原因によって症状も異なり、また認知症に似た病気のこともあります。
自覚症状の乏しい物忘れや、忘れたことを取り繕うようないい訳、人のせいにするような状況は、認知症を強く疑います。そのような症状にご家族が気がついた場合は患者さんに付き添って来院されることをお勧めします。患者さんだけで受診していると、本人は病識がないため相談もしませんし、診察だけの短い時間ではなかなか気がつかれず、診断が遅れることがあるからです。
認知症は進行を遅らせる治療薬があり、認知症に伴う様々な症状を改善させる薬もあります。また、同居されているご家族の負担を減らすことも一緒に考えることができますので是非ご相談ください。
[文:医師 登田 久子]

永島内科便り:9月

2019-09-30

永島内科便り9月

涼夏で始まった今年の夏でしたが、後半の猛暑には悩まさせました。また災害で停電が続いている地区の熱中症報道は、再度地球温暖化について考えさせてくれる機会となりました。
空はすっかり秋らしくなり、夏の疲れを癒してくれています。
これから寒い冬に向けて感染症対策は万全でしょうか?インフルエンザワクチンは、10月末からの接種となりますが、肺炎球菌ワクチンの接種対象となられている方は早めに受けてください。
また、感染症予防の基本はうがいと手洗いです。そろそろ外出から帰った後は心がけてください。
[文:医師 登田 久子]

永島内科便り:8月

2019-08-30

永島内科便り8月

当院では、70人前後の患者さんをご自宅または施設にお伺いして訪問診療を行っています。そしてそのほとんどの患者さんが、介護を受けるために介護保険を利用されています。介護保険は平成12年から始まり、今や介護には欠かせない制度になっていますが、外来で患者さんやご家族とお話してみると意外に利用方法について知られていないことに気がつきます。
お一人暮らしで怪我や病気のため入院され、退院後の生活に不安があったりした場合でも介護保険の利用は可能です。またご高齢の方を介護されている介護者の生活を支えるためにもとても重要ですし、施設へ入所される場合でも介護度が必要になります。
介護保険のことでわからないことがあればいつでもご相談下さい。
[文:医師 登田 久子]

永島内科便り:7月

2019-07-31

永島内科便り7月

今回はアルコールによる健康障害についてのお話です。
アルコールの飲み過ぎが体に悪い事はご存知の通りです。
お酒がやめられない人には様々な理由があります。イライラや、寂しさ、嫌なことから逃れたかったり、または不眠、不安、緊張感が原因になる人もいます。
休日の昼間から飲んだり、強いお酒を食事もとらずに一気に飲んでしまう事も健康障害をひきおこします。
お酒をやめようと思っていてもなかなかやめられない人は小さな目標を設定してみてください。例えば、夜10時以降は飲まない。週に2日は休肝日を作る。お酒以外の楽しみや趣味を見つける。など、先ずは自分に出来そうなことから取り組んでみてください。
当院は減酒支援にも取り組んでいます。お気軽にスタッフにお声がけ下さい。
[文、画像:群馬県糖尿病療養指導士 原 陽子]

永島内科便り:5月

2019-05-24

永島内科便り5月

ここ数年のGWは熱中症を起こして体調を崩す人が多かったと記憶していますが、今年は比較的涼しくてさわやかなGWでした。それでも5月になると紫外線の量はぐっと増加します。
紫外線はいわゆる光老化と言われるシミやシワへと発展する元となるメラニンを増加させます。皮膚の中で増加したメラニン色素は更に紫外線をよく吸収します。こうして私たちは長い年月をかけて日焼けしていくのです。
当院では光老化によるお肌の悩みについて、アンチエイジングを考えてアドバイスをさせて頂いております。
お気軽にご相談下さい。
[文:医師 登田 久子]

永島内科便り:2月

2019-02-28

永島内科便り2月

春の便りがうれしい季節となりました。毎年の事ですが、今年も花粉情報が気になりますね。永島医院でも花粉症の患者様が増えてきました。
前橋市では、今年の春前年よりは少なめですが例年よりは多いという花粉飛散予報が出ています。花粉症の薬は飲むと眠くなるものが多いですが、眠くなりにくいものも増えています。服用方法もたくさんあります。眠気の気になる方は点鼻薬や目薬を使うなどの方法もあります。医師に相談してみてください。
最近貼付剤が発売されました、飲み忘れを防げることや、24時間安定した効果が得られるので効果は期待できます。残念ながら眠気が出ることもありますので、薬を使用する際は、車の運転や危険な作業には十分注意してください。
[文:薬剤師 原 陽子]

永島内科便り:1月

2019-01-31

永島内科便り1月

この季節、必ずと言っていいほど話題になるインフルエンザですが今年は警告レベルの感染拡大となっています。インフルエンザにかからないよう予防することも大切ですが、かかってしまったかなと思ったら人にうつさないように、公共の場に出ることは避けましょう。また、同居している家族がインフルエンザにかかったときは、お互いにマスクをし、手洗いうがいをしっかりしましょう。こまめに換気をし、部屋を加湿する等心がけてみてください。また、家族を病院に連れて行った際に予防薬を処方してもらうこともできます。医療機関で相談してみてください。
永島医院に長年勤務していた職員が退職し、新しくスタッフが入れ替わりました。今年は3年目になる美容診療にも力を入れていこうと思っています。本年もよろしくお願いいたします。

永島内科医院

永島内科医院

〒371-0018
群馬県前橋市三俣町2-11-20

Tel.027-232-6435

診療内容

内科・循環器内科